肩こりwiki(症状) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

僧帽筋エリア(特に肩上部)の局部の圧痛から始まる。僧帽筋は肩上部では厚みがあり、それも肩こりの大きな一因となっている。

進行すると圧痛点やこりを感じる部位が拡大する。

筋肉の持続的緊張により圧痛部位が拡大し、深層筋(肩甲挙筋・棘上筋・菱形筋・脊柱起立筋群・上後鋸筋)にまで凝りが拡大すると「芯が凝ったような凝り」として感じられ、筋肉がこわばり、重苦しさを感じるようになる。

主観的には頸部〜肩上部に「ズシーンとした感じ」「何かものがのっているかのような感じ」や肩甲骨と脊柱の間(肩甲間部)や肩甲骨の内側の際に「鉄板が入ったような感じ」として感じられることが多い。

重苦しさを放置すると痛みを感じるようになり(「頸部まで痛い」「凝りすぎて背中が痛くて眠れない」)、進行すると緊張性頭痛や顔面・上肢の関連痛が生じるようになる。

中川式ストレッチ!の詳細はコチラをクリック!

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。肩こりの治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

肩こりwiki

当サイトに関して

医療広告ガイドライン

医療関連商品につきまして、その病気(症状)が「完治する」「克服できる」といった表現が多く見受けられますが、病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差がございます。我々はサイトに訪れた方に誤解を与えるような「過大表現」は排除し、医療広告ガイドラインに則り、真実を述べるよう配慮しています。