よくあるご質問

Q.30日で改善するということですが、治療院まで行かなくても自宅で簡単にできるということですか?

A. もちろん、大丈夫です。自宅でやっていただくだけです。
現在施術院は、予約だけでいっぱいとなっていますので、私から、お誘いすることはありません。
ですが、あまりにも症状の重い方は購入される前に、お問い合わせフォームから必ず一度ご相談下さい。


Q.頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。それでも改善出来るのでしょうか

A.頚椎椎間板ヘルニアとは、あくまでも一種の症状の事です。
1日15分、中川式ストレッチをすれば、階段の登り下りが苦にならないくらいに
痛みが解消されることでしょう。ご安心ください。


Q.胸郭出口症候群と診断されました。それでも改善出来ますか?

A.胸郭出口症候群とはあくまでも一種の症状の事です。
1日15分、正しい方法でトレーニングすれば、胸郭出口症候群でも
痛みを解消できます。ご安心ください。


Q.肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)と診断されました。それでも改善出来るのでしょうか?

A. 肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)もあくまで症状の事です。
1日15分、正しい方法でトレーニングすれば、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)も
痛みを解消できます。ご安心ください。


Q.頚椎捻挫(ムチ打ち症)と診断されました。それでも改善出来るのでしょうか?

A.頚椎捻挫(ムチ打ち症)もあくまで症状の事です。
1日15分、正しい方法でトレーニングすれば、頚椎捻挫(ムチ打ち症)も
痛みを解消できます。ご安心ください。


Q.現在、四十肩・五十肩と診断され激痛で動かすことができないのですが・・・。

A.動けない理由にも症状は様々です。
このように四十肩・五十肩が原因となって腕を動かせないという方は非常にたくさんいらっしゃいます。動けない理由にも症状は様々です。
まず、最初に症状をお伺いしたいので、サポートにメールかお電話にてご連絡ください。
どのような場合であっても改善方法はありますので、動けるようになると思います。


Q.手術を受けても痛みが変わりません。改善する見込みはあるのでしょうか?

A.痛みの原因がその症状ではなかったという事です。
手術をした後に、手術前と痛みがほとんど変わらない場合は、痛みの原因がその症状ではなかったということです。
つまり原因は他にあるということになります。
ですから、治る見込みは当然あります。
まずは治療セットの内容を実践していただき、分からない部分はサポートさせていただきます。
ご安心ください。


Q.手術を受けた後、痛む場所が増えたのですが、理由は何なのでしょうか?

A.他の部位にまで緊張させてしまう原因を作っているのだと思います。
手術後に痛みが増えた場合、手術した箇所の筋肉が硬くなってしまったことにより、他の部位にまで緊張させてしまう原因を作っているのだと思います。
このような場合でも、硬くなった筋肉を正しいトレーニング法で整えていくことにより、痛みは改善されます。


Q.ブロック注射を受けましたが、以前と変わらぬ痛みがあります。

A.ブロック注射はあくまでも麻酔です。
ブロック注射は治しているわけでも、改善してくれるわけでもないものなのです。
脳に痛みを伝える神経をブロックしているだけのものです。
ブロック注射をした後に、痛みが変わらない場合、ブロックした神経が違っていたのだと考えられるでしょう。
また、局部の痛みが消えたものの、また異なる部位が痛み出した場合は、他の筋肉も硬くなってきたのだと考えられます。
局部の筋肉が固まっているまま、他の筋肉にも負担がかかると痛みを感じるのは当然のことでしょう。
まず本当の原因を知ることが重要です。その後トレーニングで解消していきましょう。

中川式ストレッチ!の詳細はコチラをクリック!

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。肩こりの治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

メニュー

肩こりwiki

当サイトに関して

医療広告ガイドライン

医療関連商品につきまして、その病気(症状)が「完治する」「克服できる」といった表現が多く見受けられますが、病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差がございます。我々はサイトに訪れた方に誤解を与えるような「過大表現」は排除し、医療広告ガイドラインに則り、真実を述べるよう配慮しています。